So-net無料ブログ作成

地域医療貢献加算、3割が届け出―日医レセ調査4月分(医療介護CBニュース)

 日本医師会の高杉敬久常任理事は6月9日の定例記者会見で、日医が実施した「2010年度レセプト調査」4月分結果速報を発表した。それによると、診療所1116施設のうち、今年度診療報酬改定で新設された「地域医療貢献加算(3点)」の届け出を4月時点で行っている診療所は27.2%で、今後届け出をする予定がある診療所を加えると29.1%だった。

 日医のレセプト調査は、会員の医療機関から都道府県ごとに無作為抽出した診療所4431施設、病院385施設を対象に実施。診療所1375施設、病院135施設から有効回答を得た。

 レセプト情報の調査と併せて実施したアンケートでは、地域医療貢献加算の算定状況などを調査。診療所1116施設分を集計した。
 それによると、地域医療貢献加算の「届け出あり」は27.2%、「届け出なし・今後予定あり」は1.9%だった。一方、「届け出なし・今後予定なし」が70.8%、「無回答」が0.1%だった。
 会見に出席した中川俊男副会長は地域医療貢献加算について、「(算定)要件はほとんどの先生方が日常的にやっていたこと」と指摘した上で、医師の中には、算定要件を満たしていないのではないかと心配して届け出に慎重になっている人もいるとし、「堂々と加算を取っていただきたい」と述べた。

 4月分のレセプト情報(点数、件数、日数)調査結果によると、1日当たりの点数の前年同期比は、診療所の入院で5.68%増、入院外で0.21%減。一方、病院の入院で3.62%増、入院外で3.44%増だった。
 1日当たりの点数、1件当たりの点数と日数は、診療所と病院の入院、病院の入院外ですべてプラスになる一方、診療所の入院外ではすべてマイナスだった。

 日医は今後、5、6月分の調査を続け、8月に4-6月分の分析や評価をまとめて発表する予定だ。


【関連記事】
【中医協】診療報酬改定の「特別調査」骨格案を大筋了承−総会
地域貢献加算、小児科外来診療料算定時は不可
「レセプト査定率」の支部間格差、厚労省が実態調査へ
【中医協】診療所の地域医療貢献を評価へ
改定で病院収入は微増、診療所は減

<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
<交通事故>ワゴン車とトラックが衝突 5人死傷…宮城(毎日新聞)
【科学】「ブレ球」に迫る 無回転シュート ボール後方に渦(産経新聞)
家畜埋却で自衛隊増員へ=菅首相、地元首長と懇談(時事通信)
北沢防衛相 普天間移設、「沖縄の理解が先決」(産経新聞)

訃報 本多立太郎さん96歳=戦争体験の語り部(毎日新聞)

 本多立太郎さん96歳(ほんだ・りゅうたろう=戦争体験の語り部)5月27日、腎臓がんのため死去。葬儀は近親者のみで済ませた。

 北海道小樽市生まれ。和歌山県みなべ町在住。1939年から中国などへ2度出征し、抑留されたシベリアから47年に帰国。金融機関を退職後の86年から2009年まで、上官の命令で捕虜を刺殺した体験などを「戦争体験出前噺(ばなし)」として、約1300回語った。05年ごろからは憲法9条の理念を世界の人に伝えようと活動。6月にはフランスでも語る予定だった。

<詐欺罪>山内議員元秘書、詐取1件認める 東京地裁初公判(毎日新聞)
クールビズの季節、政府も自民も「かりゆし」(読売新聞)
鳩山首相 続投姿勢崩さず 三者協議は継続(毎日新聞)
<新社会人>希望は「年功序列」で(毎日新聞)
誤射後に自殺?猟友会の2人死亡 京都・福知山(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。