So-net無料ブログ作成

信長と義元像、因縁の桶狭間古戦場に登場(読売新聞)

 織田信長と今川義元が争った桶狭間の合戦(1560年)から今年で450年になるのを記念して、名古屋市緑区の「桶狭間古戦場保存会」(梶野泉会長)が制作していた信長と義元のブロンズ像が完成し、同区有松町の桶狭間古戦場公園に設置された。

 ブロンズ像は、地元の彫刻家で日展会員の工藤潔さん(68)が2年がかりで制作。岡崎市の鋳物工場で最後に黒いウルシを塗って仕上げられた。工藤さんが選んだ御影石の台座には、地元の郷土史研究家、梶野渡さん(90)が揮毫(きごう)した2人の武将の名前の銘板がはめ込まれ、「近世の曙」と記された礎石も置かれた。

 この日の朝早く、同公園に運び込まれた2体の銅像は、保存会員らが見守る中、クレーンでつり上げられ、慎重に台座に据え付けられた。16日の「桶狭間古戦場まつり」で除幕される。

<小1重傷>捜査車両がはね 兵庫・伊丹(毎日新聞)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
徳之島3町長、一切の受け入れ拒否(産経新聞)
タンカーと接触?金沢沖で漁船転覆、1人不明(読売新聞)
普天間問題 橋下府知事「都道府県、全国知事会が方向性出すべき」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。